HOME | 家づくり
 

「住む人の暮らし」に合った空間や快適なすまいのご提案ができるか、またお客様のできる限りのご要望をどのように叶えていくのかが、私たち作る側のすべての始まりです。 地域密着の工務店だからこそできる、豊富な経験・知識に基づいたすまいづくりで、お客様の理想の「暮らし」を目指します。

家づくりで住みたい家が具体的にイメージできない、デザインを決めきれない、実際の予算がわからないなど不安いっぱいだと思います。そのために実際に完成した住まいを参考にお客様の「ライフスタイル」にあったご提案を見える形でご提案いたします。

 

デザインや空間を重視しながら、住み心地や性能を損なうことのない住まいづくりを大切にいたします。「ここは希望を取り入れたい」欲張りだけど当たり前のことも、まずはアキハウジングにご相談下さい。

 
 

建てる前に、その地盤がどの程度の建物の重さに耐え、沈下に抵抗する力をもっているかを調べることを言います。
その土地が軟弱な地盤で、建物の荷重に耐えられないと、建物の沈下の原因になり重大な結果につながりますので地盤調査で建物が沈下する恐れが今後ないか判断いたします。もし沈下の恐れがあれば適切な対策(地盤改良)を行います。

 

地盤調査は法律で義務付けられています。

甚大な被害を出した阪神・淡路大震災後の2000年(平成12年)に、建築基準法が改正され、家を建てる際に地耐力を調べることが建築基準法上で求められるようになりました

スウェーデン式サウンディング試験

地盤は実際に目視で確認することがほとんど不可能であるため、正確なデータ収集、解析が必要となります。
住宅地盤の調査法として最も実績のあるスウェーデン式サウンディング試験を採用し、適切な地盤対策をご提案します。

 

アキハウジングの家は耐震+制震で地震に強い家を目指します。
制震ダンパー「MIRAIE[ミライエ]」

地震エネルギーを吸収するシステムです。
建物の揺れが抑えられるため、構造躯体へのダメージが軽減されます。

揺れ幅を最大95%低減する制震性能

熊本地震では、前震(震度7)の2日後、本震(震度7)が発生し、繰り返す地震によって倒壊を招いたケースも少なくありません。
MIRAIEの制震技術は、繰り返す地震にこそ効果を発揮。いま、耐震だけではなく「+制震」という考えが広がっています。
 
 
 
 
 
 

 

住宅瑕疵担保保険


特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)により、平成21年10月1日から新築住宅の請負人や売主(住宅事業者)には瑕疵担保責任を確実に履行するための資力確保措置が義務付けられています。
当社はJIOの「瑕疵担保責任保険」は特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律に対応する保険に加入しております。 
 

地盤保証  ※最長20年保証


建物が立派でしっかりしていても、軟弱な地盤の上に建ててしまうと建物の重みで地盤が沈下して、家が傾く、ドアが開かないなどいろんな不具合が発生します。これらのことが起きないように入念に地盤の調査を行います。
地盤調査・保証は工事の前に「地盤を調査」し、軟弱地盤の場合には最良の「対策工事」を行います。
 

シロアリ保証   ※最長20年保証


キソパッキング工法によるしろあり保証、現場での薬剤散布によるしろあり保証。アキ・ハウジングは「念には念を」のしろあり対策でお客様の家を守ります。
 


 

CONTACT

お問い合わせ

 

0985-65-3177