・・注文住宅・リフォームは信頼と実績の当社お任せください。

製品ラインナップ

FFC免疫住宅

暮らし始めから健康な生活のご提案です。

アキ・ハウジングでは、全ての住宅にFFCを採用致しております。FFCの家は室内の臭いを軽減し、澄みきった室内の空気環境を実現しました。
FFCは健康な空気を必要としている病院や幼稚園でも採用されています。住宅を建築した全てのご家族が健康にそして快適に暮らしていただけるよう健康な空気環境をご提案していきます。


化学物質の害を最大限に抑える住宅です。

当社がご提供する住まいの空間は、有害化学物質を分解除去し、カビや感染菌などの病原性微生物の繁殖を抑制します。
最近、カップラーメンを食べた人が「異臭がする」と訴え、調べてみると、相次いで有害な化学物質が検出された事件をご存知でしょうか?
一般に、カップラーメンの容器は何層ものコーティングが施されてていますが、カップラーメンの近くに化学物質が置いてあると、その容器を通して、中の麺を汚染するということが判明。
私たちが住む住空間でも、新築の臭いがする部屋に住み始めると、その建材に使われている化学物質が、呼吸や皮膚を通じて体に侵入し、健康被害が起こるということがわかりました。
これが、胎児の複合汚染につながり、非常に危険です。このような問題を解決するため、「免疫住宅」は開発されました。

gozonji01x.jpg
人間がこの一生の中で、摂取する物質の重量比は、多い順に並べますと、吸い込むもの(83%)、飲み物(8%)、食べ物(7%)の順になります。その吸い込むものの中で、もっとも大きな比重をしめるのが「自宅の空気」。実に、人が一生涯で摂取するものの総重量の56%をしめる計算になり、私たちの人生に大きな影響を与えています。
極度の抗菌加工が新たな健康被害を発生させます。

2x.jpg
これまで、殺菌加工・抗菌加工・防虫加工・防カビ加工といった悪玉菌を消滅させるために施した建材を多用し、無菌状態に近づけることが、健康への安全対策とされてきましたが、これらの加工が、私たち人間の生理機能をたかめる善玉常在菌を抑制することがわかってきました。
ヒトは善玉常在菌で守られ健康を保っています。
すでにベビー服業界では、抗菌加工の害を認識した取り組みが行われています。乳幼児の皮膚を守っている善玉常在菌の数を減少させる抗菌加工を見直し、自然素材のままの素材が中心となっています。住宅の内装の抗菌加工の中での生活は、生体のバランスを崩し、ストレスをはじめとした免疫性の低下が報告されています。


10x.jpg
FFCを活用した床材やクロスはマイナスイオンの発生が活発になり居室内の空気環境が改善されます。
マイナスイオンがプラスイオンに帯電した化学物質や悪臭を中和させ、臭いが消えると同時に、花粉・カビ・ダニなどが床に落ち、
掃除をすることで取り除けます。
FFCの活用でマイナスイオンが増大すると共に、体にとって負のイオンであるプラスイオンを押さえ込むことが大学の研究で実証されました。
部屋のカビやダニの発生を抑制するFFC 活用の建材は善玉常在菌は増加し悪玉菌は減少!!
※出典:福岡大学医学部免疫学微生物教室

11x.jpg
市販のフローリングを2枚にカットして行った実験です。FFC免疫活用されたフローリングの上では床ずれを起こす緑膿菌は10万個を散布したにもかかわらず、25℃/24時間後には10個以下に消滅し、また一方、無活用のフローリングは同じ条件下で10万個が590万個に増殖していき、いかにFFC活用したものがヒトの健康を維持するのに効果があるかを示しています。 

琉球大学工学部 環境建築学科共同研究 那覇市(有)丸親建設共同研究(免疫住宅加盟店)
※この実験は新築引渡しの前の、住宅内で行われた実験です。

もっと詳しくFFCに関して知りたい方は

http://www.immwood.jp/






zeh.jpg

200LIX.jpg